• English
  • Chinese
  • Korean


シーサイドラインしくみ

シーサイドラインのしくみを図を交えて分かりやすくご紹介します。

メカニズム 運行管理 車両 構造

シーサイドライン自動運転安全のメカニズム

シーサイドラインは次の装置で、安全に運転しております。

自動運転安全のメカニズムの概要図

ATO装置(自動列車運転装置)

シーサイドラインは、運転士のいない無人運転をしております。ATO装置はいわば運転士の役目を担っております。
ATO装置には、地上設備との信号の送受信をしている駅ATO装置と、車両に搭載して列車を自動運転する車上ATO装置があります。車上ATO装置では、走行中の路線のデータが全て記憶されており、この記憶データやATC信号、車両の状況により目標速度を定め走行します。また、駅に停止させるのは、走行装置から実際の走行距離データを検出し、次の駅までの距離を走行したら、自動で停止するように制御しております。さらに、この距離データを、より正確に算出するために、前の地点に距離補正アンテナを設置し、誤差を修正し正確に列車を停止させます。

ATC装置(自動列車制御装置)

列車の運転は、駅間を幾つかの閉そく区間で区分けし、カーブ等の軌条の諸条件によりそれぞれのスピードを定めます。列車が制限スピードを超えた場合、ブレーキを動作させ減速させるのがこの装置です。また常に列車の追跡監視を行い、先行列車に異常に接近した場合などには、この装置により非常ブレーキを動作させるなど安全な運行を確保しています。

列車無線/非常発報装置

列車無線は車両と通話するための専用無線設備です。また車内には、客室操作器の中にインターホンがあり、これにより司令所との通話もできます。非常発報装置は非常時に、係員が釦を押すことにより車両を停止させることができます。

ホームドア

全駅のホームには、お客様の転落防止を目的としたホームドアを設け、安全を確保しております。ホームドアは、列車が駅の正しい位置に停止した場合に、自動で開閉します。また、万一ドアに挟まるとドア先端のセンサーが感知しドアが開き、挟み込み防止をしています。

ホームドアー連動制御装置

会社案内

  • 会社概要
  • 経営理念
  • 社会環境活動
  • 採用情報
  • シーサイドラインのしくみ
  • 安全・安心への取り組み
このページのトップへ

Copyright(C) 2013 YOKOHAMA SEASIDE LINE Co., Ltd.